【簡単にできる】ベルトの長さ調整の方法や適切な長さを画像付きで解説!

生活術

コーヒーの飲みすぎで頭が痛い、、、どうも!へこすです!

 

こんな経験ありませんか?

・ベルトの余った部分が長すぎてベロンベロンになってる

・余った部分をまとめるために腰の後ろくらいの通し穴までベルトを通す

 

ぼくは先日、上司に「へこす、お前のベルトは長すぎる。さすがにみっともないぞ。」

って言われました。ぼくのベルト、1周まわってさらに腰の後ろくらいまでの長さがあるんですよ笑

いつも腰のちょうど後ろにある通し穴にベルトをおさめていました。面倒だなとか思いつつ…

 

今までベルトの長さを気にしたことなんて一度も無かったのですが、

この事件があってから、ベルトの長さ調整の方法適切な長さについていっぱい調べました。

そして、その日のうちに長さを調整しました笑

 

 

今回の記事では以下の2つを画像付きで自分なりに簡単にまとめたので、是非参考にしてください!

・ベルトの長さ調整の方法

・ベルトの適切な長さ

ベルトの長さ調整の方法

手順としては

1.バックルの下にある金具を外す

2.ハサミで切る

以上です!そんだけかい!!!

 

バックルの下にある金具を外すのが一番難点だと思うので画像付きで解説しますね!

まずベルトの正面。こんな感じ。

これを横に向けます。

 

ベルトを止める金具(バックル)の近くにある、もう1個の金具を外します。

外し方ですが、金具を横からみると隙間があるのでそこにハサミ等の細くて頑丈な物を差し込みます。(画像参照)

 

そんでクイッと回して外します。

そんなに力を入れなくても簡単に外れますよ!

 

ほいやっ!

あとは適切な長さになるように切るだけです!

 

切るときの注意点

・どのくらい切るか最初に目印をつけておく

・ちょっとずつ切って確かめる

以上の2点に気を付けてください!

切りすぎたらもう戻せないですからね笑

 

分解したベルトの戻し方ですが、この手順を逆にすればいいだけです。外すより簡単ですよ!

ベルトの適切な長さ

それではどのくらいの長さに切ればいいのでしょうか?

 

「ベルト」で画像検索をして最も多かった長さを適切な長さと定義しました。

最も多かった長さがこちらです。

Closeup shot of male waist with hand in pocket dressed in black pants belt grey shirt black tie and watch with brown watch strap

スーツに合うメンズベルト特集|年代別にオススメのブランドを厳選紹介より引用

 

1つ目の通し穴と2つ目の通し穴のちょうど真ん中でした。

スーツ着てるおじさんの写真とか、英国紳士の写真とかいっぱい見ましたよ。

ほぼ全員がこの長さでした。会社の上司たちを見てもほとんどの人がこのくらいの長さでした!

なのでこの長さを適切なベルトの長さだと定義します。

 

ぼくはベルトを調整する際、この長さにしましたよ!

まとめ

ベルトの長さ調整の方法や適切な長さが分かったでしょうか?

ベルトの長さって案外見られてるみたいなのでちょっと気にかけたほうがいいかもしれないです。

ぼくみたいに恥ずかしい思いをすることになるので…

 

長さの目安としては、1つ目の通し穴と2つ目の通し穴のちょうど真ん中ですよ!

今すぐ自分のベルトの長さを確認して、必要であれば調整してみましょう(*’▽’)

分かりやすくまとめたつもりなので是非、この記事を参考にしてくださいね!

 

それでは!!